政府保障事業制度とは

政府保障事業制度とは

制度の対象外となる場合

政府保障事業制度は、ひき逃げ事故や無保険車事故などによって、被害者の人身上の損害が補償されない不合理を解決するために設けられた、最終的な手段としての救済制度であるため、この制度の対象外となるケースがあらかじめいくつか定められています。???? Vol.83 ?????????
例えば、政府保障事業制度以外の他の制度によって被害者の損害が救済される場合、健康保険や労災保険などの社会保険による給付が下りる場合、複数存在する加害者のうちのいずれかの自賠責保険に保険金の請求ができる場合、保険を使わずに示談で加害者から損害賠償金の支払いを得ることができた場合などです。もちろん、社会保険からの給付による金額が、政府保障事業制度で定められた支払い金額よりも少ない場合には、社会保険からの給付を差し引いた残りの金額は支払い対象となります。
また、通常であればドライバー全員が加入しているはずの自賠責保険でも補償されないようなケース、例えば、みずからの不注意による自損事故、保険金詐欺や自殺、酒酔い運転などの故意または重大な過失によりもたらされた事故、人身への被害を伴わない物損事故、その他加害者側が農耕作業用の小型耕うん機や自転車であるなど自賠責保険の補償範囲から逸脱した事故により損害を被った場合などが該当します。

コメントを受け付けておりません。