政府保障事業制度とは

政府保障事業制度とは

補償の仕組みについて

事故を起こした当事者が逃亡してしまうひき逃げ事故や、相手方が自賠責保険に加入していない事故では、被害者が満足な補償を受けられない可能性が車06でてしまいます。このような事態に被害者を救済する措置として定められているのが、政府保障事業制度です。政府保障事業制度では、加害者に代わって国が被害者に賠償します。その後で国は被害者に支払った額を加害者に請求する仕組みです。
この政府保障事業制度の保障内容は、基本的に自賠責保険の内容とほぼ同じです。被害者が死亡した場合には最大で3000万円程度、後遺障害が残った場合は最大で4000万円程度が支払われます。ただし自賠責保険の内容と完全に同じではないので、注意しておかなければいけないことがあります。
例えば自賠責保険では早くて1カ月後ぐらいには保険金が支払われるのに対し、政府保障事業制度では6ヶ月から1年以上かかります。その間の治療費などは被害者が支払わなければならないので、被害者の負担は自賠責保険の場合より重くなってしまいます。また保険金の計算は事故の状況に関係なく、定められた規則どおりにおこなわれますので、金額交渉の余地もありません。さらに保険のきかない自由診療で治療をした場合でも、健康保険診療に換算した金額の支払いになりますので、結果として治療費の一部しか補填されないことになります。

コメントを受け付けておりません。