政府保障事業制度とは

政府保障事業制度とは

法定限度額って?

政府保障事業制度は、ドライバー全員の強制加入保険である自賠責保険の保険金の支払い対象とはならない無保険事故やひき逃げ事故について、政府が加害者に代わって被害者の損害に相当する金額を立て替えて救済する究極的な制度です。このため、被害者の交通事故による損害について補償される金額は、国土交通省の告示により、自賠責保険と同一の水準に定められており、これを政府保障事業制度による損害のてん補の法定限度額と呼んでいます。
この金額は、被害者が通常の傷害を負った場合には最高で120万円まで、死亡の場合は最高で3,000万円までとなっています。身体のまひや失明、手足の切断などの後遺障害が生じた場合には、その程度によって第1級から第14級までのランクがあり、最低75万円から最高3,000万円までのそれぞれの級に応じた金額が限度額となります。ただし、後遺障害の中でも神経系統や精神、胸腹部臓器に著しい障害を残して常時介護が必要となった場合には、特別に4,000万円が限度額となります。
なお、自賠責保険と同様に、人身事故による被害のみが政府保障事業制度の適用対象となり、物損事故による被害には補償が及ばないこととされています。???? Vol.107 ?????????????

コメントを受け付けておりません。